相談役BLOG

カテゴリ

プライベート

[プライベート]

エイジシュート

 そこそこの年齢になってゴルフをやっているとこの言葉が耳に残ります。 ゴルフは36ホールでの競技、予定打数で回るとパープレーの72がとコアになります。 私は62歳から再開してスコアは120くらい、話になりません。

表題のエイジシュートは私の場合64歳ですから64、8アンダーで回ることになります。 かくあるべきとは日本人の基本の考え方、最善を尽くせば私の年齢でもアンダーパーが狙え、アマチアでエイジシュートを出せるのは人生がゴルフそのものの人でなおかつある程度の資質が備わっていることです。

私がスコアを120-64=56縮めることはかなりのハードルと思います。 もちろん今が悪すぎるし手首と親指に故障ももっているし、ラウンドするチャンスも余裕もないのでせいぜい100を切るところが現実的な目標と思います。 目標は高い方が良いのは解りますが。

それでもくじけず続けられるところにゴルフの魅力があり、私でも素晴らしいショットをラウンドに何度も放つ事が出来るからです。 18ヤードのショートホールでピンに絡むショットを打てたり、ドライバーで300ヤード近いショットをフェアウェィの真ん中に飛ばしたりです。 残念ながら集中力が続かず、せっかくのショットが生きてきません。

かつてテニスをしていた時にサーブでエースをとろうとしてダブルフォルト、長いラリーを制して極めつけのパスが抜けた、どちらも1本、自分のこだわりをスコアに置けば労せずしてかなりのスコアメイクが出来ると思います。

仕事も同じ、苦労して自分の強みが生きて100万円の商売を獲得して上機嫌の一方で手を抜いたばかりに300万円の取引をRossしていればトータルでマイナスです。 人は目標に対する意識の集中が途切れた時につまらぬことに拘ってしまうものです。

 

コメントを残す

[プライベート]

大阪のおっさんの悩み

 私は大阪生まれの大阪育ち、もうすぐ65歳になるまで大阪以外に暮らしたことはありません。 国内旅行もそれなりに行くのですが、大阪人であることに不都合を感じたことはありません。

吉本の芸人の漫談を生で見たことがあります。 大阪のおっさんが自転車に乗っているシーンで、進路を塞ぐ通行人に『道を開けてください』という代わりに『チョイ、チョイ』というというものです。聞いていて不愉快ではないにしろ全く面白くない話題、言い方で面白さを醸し出しているのでしょう。そもそもそんな言い方を聞いたのは65年の大阪の生活で1人だけ、西成区で生まれ育った年上の友人がたまに言ってました。

先日広島生まれ、大学から東京在住で同年の男性がタバコのクレーム受付センターで勤務していた時の話をしてくれました。 センターにくるクレームの9割は大阪の男性だそうです。 その異常な偏りに驚いたそうで、大阪を感じたそうです。 悪質なクレームではなく業務の改善につながるものがあったとか。

クレームの何割かは最大公約数として決められたものが別の視点で見れば改善の余地が見えてくることによります。 大阪のおっさんは多元的な視点で物を見る、何パーセントかは改善につながる意見になるようです。

昨晩は大阪のおっさん同士飲んでいました。 いろいろな話題をこねくり回して話をしていると悪意は無くても批判的な意見が多く出てきて、あまり品が良くありません。

府外の人がこの会話を聞くと付き合いたくない人に思えるでしょう。 大阪のおっさんは善良なアイデアマンなんや!と自己弁護する気にもなれませんが、ふと自己嫌悪に陥ります。

コメントを残す

[プライベート]

[]

ひとり言

 一人暮らしをしていてふと過激なひとり言が口から出てきます。 大抵は以前怒り狂ったことを突然と思いだし、暴言に繋がります。

30年前に嫌な思いをしたことがその場の情景もリアルに思い出し、『やめろ!』などと言ってしまいます。 一人だから良いものの周囲に誰かいると不審に思われるでしょう。 あまりに古い事なので普段思い出したりそのことを言われても思い出せるかどうかの事なのですが、風化もせずに鮮明に出てきます。

私は記憶力が悪く、テストではいつも苦労していました。 たまに悔しくて暗記を努力すると今度はいつまでも忘れる事が出来ません。 なんでも一夜漬けで点数を稼げる人は覚えた後すっかり忘れる事が出来るのがとても羨ましく思いました。

私もある入学試験で苦手の英語だけで合格が決まるので何カ月が必死で英文翻訳を行い、受験者のトップクラスで合格したとき、私も賢くなったのかと誤解しました。 覚えた英語能力は瞬時に消えてゆきました。

そんな記憶能力の自分が突然30年前のことを鮮明に思い出すのは部屋の掃除をしていて30年前の手紙が出てきたようなものです。

自分の記憶の特徴の一つとして記憶したことがデフォルメされることです。 飼っていた犬が実は獰猛な顔をしているのに記憶の中ではとても愛らしい顔だったり、写真を見て違うと思うようなことです。

自分の記憶の蘇り特徴は自分の価値観の裏付け、価値観として今のタイミングで30年前のある事件を思い出さねばならないとかこの犬は実はかわいい顔をしているとか思いが影響していると思います。

誰もが見るもの、聞くもの、感じたものを正確に記憶していると聞いたことがありますが、いつどのタイミングで何を思い出し、考えの参考にするか各人の価値観でその人はそういう引き出し方が生きていく上で必要と思っているからです。 その人が実際に生きている『今』に適合しない価値観であってもにわかに変わることはないと思います。

コメントを残す

[プライベート]

強みと弱み

 

自分の幼児期体験を冗談交じりにうちの職員に話したらびっくりしていました。 何をびっくりしたのかはよく解らなかったのですが私に対するイメージとずいぶん違ったのでしょう。

私は薬局で雑貨を扱う商売人の子として生まれました。 父親は薬剤師、店には調剤室があり、調剤用の薬品が並んでいます。 店にはスポーツ用品も置いてあり、冬はスキーの板なども置いています。 ゴルフのハーフセットや空気銃、卓球のラバーなども扱っています。

父親の薬剤師というのはそれなりに知的職業ですが、父親の母、私の祖母ははっきりものをいう人で『お前のお父ちゃんは頭が悪かったからお前も勉強はダメでもええんや』などと言っており、私の母親も勉強などから遠いところで暮らしてきた人ですから私自身も『自分は血筋として頭が悪い、勉強しても無駄』と信じていました。 さらに体が弱くスポーツもさっぱり、ダメ少年だったと思います。

それが向う気の強い経営者として20年近く働いていたわけですから違和感があったのでしょう。 実際頭が良いのか悪いのかは別として働いて暮らしてゆかねばなりません。 サラリーマンを途中で投げ出して零細企業の経営に携わる中で自分の強みは何かと考えました。 それは調べること、いろいろな仕事をする中で調査は得意な事でした。

調べた結果を評価すること、この事実の本質は何か?、見極めた本質をもとにどのように組み立てて事業に応用するのかが自分としては得意な事でした。 例えばテニスはよく走るスポーツと思われていますが、実態は速足で歩くことが多く、走っている方が少ない事に気づき、速足の徒歩を訓練してテニスが上手くなったことがあります。

あるフランチャイズに加盟していて、本部の人間の殆どと面談し、ビジネスモデルを精査するとこのフランチャイズから離脱するべきと判断しました。 当社以外にも脱退は相次いでいましたが脱退後事業拡大に成功した事例はあまり聞こえてきませんでした。 当社は脱退したことで事業拡大を一気に進める事が出来ました。 この判断は自分の経歴の中で一番の成功事例ですが、よそのフランチャイジーのオーナーが自分と同じ本部の評価をしている人がいなかったので自分の経営感覚がおかしいのではと迷った時期もありました。

タイトルの強みと弱みは自分はバカと言われ続けたことで馬鹿が経営するなら必死に強みを生かして、つまり思い込みでなく丹念に調査し、考える事でした。 多くの経営者は豊富な知識から答えを導き出します。 私はもちろん知識も経験も少なかったので自分で調査し、自分の頭で考えます。 他のフランチャイズオーナーの離脱の懸念は全く影響ありませんでした。

知識の豊富な人、頭の良い人もしくは良いと思っている人は調査をしっかりしないばかりか豊富な知識を当てはめ、自ら考えぬく人は少ないようです。 それでほとんどうまく処理できたとしても本質の理解が間違っていればいずれほころびが出てしまいます。 このことから私の強みは考えぬくことも一つと分かりました。

人は自分の強みや弱みを勘違いしていると思います。 努力を重ねてもだえ苦しみ、あぶりだされるのがその人の強みや弱み、平穏な日々を過ごしてきた応募者に強み・弱みを聞くと平然と答えが返ってきます。 もしそれをその人が信じていたらその後の人生は誤った認識によって混乱するでしょう。

コメントを残す

[プライベート]

言い訳

人は何か割り切れないとき言い訳を考えます。 言い訳は自分の中で自分中心で考え、自分が一番納得できて傷つかないものになりがちです。 もしよい言い訳が見つからなければいつまでも割り切れない事、不都合なことを引きずることになったりします。

自分を取り巻く環境を客観視して不都合の理由を分析すれば問題の改善が計れたり、不都合が関係する人に納得されたりしますが、自分の過ちを認める場合が多く、自分も傷ついてしまいます。

自己中心の言い訳を公然と発言することは自らの思慮の無さ、向上心の無さを公言していることになり伝えた相手から軽蔑されるだけでなく自分の成長も止まってしまいます。 稚拙な言い訳であればあるほど真実が露呈しやすく、それを隠すために更なる言い訳を考えることになります。 ならば何も考えない方がまだましにも思えます。

偉そうに言っても自分でもこの手の言い訳を考えることは多々あり、対策として一度紙に書いてみたりします。 文字になるといかに勝手な意見が浮かび上がってきます。 それを読み返すことはつらいものがあります。

言い訳しなければならないことはたいていしてはいけないことをしてしまったり行ってはいけないことを言ったりしたことを正当化するためです。 言い訳を紙に書いて反省するより言い訳しなくてはならないことをしないようにする、言わないようにする、考えないようにする、成長する人は日々この戦いを行っているように思います。

コメントを残す

[プライベート]

[生活]

自己流ダイエット

中性脂肪が高く、定期健康診断で要治療と診断、医者に相談に行きました。 中性脂肪を減らす薬を処方してもらい『大豆を食べるように』と言われました。 ネットで大豆30kgを買い、圧力鍋で大豆を焚いて食べています。

大豆が主食とならなかったのは単位面積当たりの収量の問題かと思っていましたがおいしくない事が主食でない理由と実感しました。 しかし食べなければいけないので味付けに工夫し、豆腐を入れて炊くなどしています。

2週間ほど続けて体重は2㎏ほど減りました。 大豆効果ではなくあまりのまずさにたくさん食べる気がしないからでしょうか。 理由はともかく減量は順調です。 原料と中性脂肪の減少は同じでないにしろそもそも基礎代謝を下回るカロリー摂取では痩せるでしょうし中性脂肪も減ってゆくでしょう。 植物性とはいえたんぱく質は多く含まりていて筋力低下やタンパク不足もまぬかれそうです。

次に運動、エアロバイクを譲り受け、消費カロリー100kCal.にセットしこぎます。 走行距離にして約10㎞、エアロバイクの解説は300kCal.を目標としていますが、耳たぶに付けた心拍数計が安静時に100/分を下回りません。 ダイエット以前の問題でタバコを控え、そろそろ漕ぐようにしました。 2週間続けて300kCal./日を消費できるようになり、心拍数も平均値になりました。

昨日は甘いものが食べたくなって粒あんドーナツを一つ食べました。 袋を見ると350kCal.、本日のエアロバイクがあえなく徒労に終わります。 なおさら運動が必要ですのでこぎだしましたが、エアロバイクのハンドル部にモニターが付いていて、そこにノートパソコンを乗せネットを閲覧しながらこぐと時間の経過を忘れて漕ぐ事が出来ました。 本を読みながらとか英会話を聞きながらも試しています。

運動も同じことをしていると使う筋肉に偏りが出るので自重トレーニングやゴルフクラブの素振り(思いのほか体力を消耗します)、近隣の移動は徒歩などと工夫しています。

小部屋で運動し体か温まってくると室温が上がり、湿度も上がります。 もちろん暖房を入れなくても寒くありません。 人間ストーブ・加湿器になっています。 最近の室温は夜間10℃を超えたところ、止めると途端に寒くなります。 室温が上がると言ってもせいぜい1度以下の上昇です。 64歳になっても体力強化が図れることを実感しました。

コメントを残す

[プライベート]

反省するより悔い改める

私は64年生きてきて、蓄積した過去を思い出すことが将来を考えるのと同様に多くなってきました。 『あの時のあの言い方はない』とかです。 多くは詩文の悪癖、直せばその後は同じ後悔はしません。

生活環境や立場は日々変化し、応用問題が出てきたときに同じ悪癖をしてしまいます。

悪癖を善悪の判断をすれば普遍的に悪いこと、つまり罪悪につながる悪癖があります。 他人を意味なく傷つける等ハライスメントの類と空気を読めなかったなど悪意は無くても相手に不愉快な思いをさせてしまったような発言は程度にもよりますが罪悪とは言えないでしょう。

身近にいる記憶力の良い人で、会議などで他人の発言に対し付帯関連することをしゃべらないと気が済まない癖があります。 討議の方向と違うことを事実であっても今喋る必要がないといくら言っても治りません。 会議でのマナーの問題です。 出席者は本人に悪意のないことは判っていて注意もしません。 そのことの問題はちょっとした忍耐で済むからです。

なぜわからないのか、言葉にして注意しても改まりません。 本人はそれが良いと思っているのでしょう。 もしくは私がその癖に嫌悪感を抱きすぎているのかもしれません。 本人の価値観で好ましくない癖であると認識しなければ治りません。 本質に気づくこと、善悪の問題のように法律があり誰もが共通認識になっていることでない悪癖は善意に裏打ちされていればいるほど厄介です。

コメントを残す

[プライベート]

久しぶりに夢を見ました。 この話題は経営ビジョンという意味ではなく、単に睡眠中に見た夢です。

私の弱点の一つが方向音痴ですが、今回の夢はこれがテーマになったようです。 素人夢判断ですが、この夢を見たのは前日あるビルから出て隣のビルに移動するとき、方向が分からず同行した人に教えてもらったことにが原因のように思います。

夢の中
私は家からバスに乗り、会社に出勤するつもりでしたがいつもの駅で降りずにそのまま乗り続けていました。(私は通勤でバスに乗ることはありませんし、バスで移動する距離は自転車で移動するのでバスに乗ることは皆無に近いです)
バスは郊外に向かって進み、バス道の横には鉄道が走っています。 景色は山の中、不安になってバスを降りて鉄道で自宅に戻ろうとしました。 天王寺区からバスに乗ったのに降りたのは中部地方の県のようで、鉄道の上りは静岡県方面、下りはどこに行くのかわかりません。 窓口で切符を買おうと駅員に「天王寺に帰りたいのですが・・・」と言っても通じず、もたもたしていると列車が来て発車しました。

困って駅にいた客の一人にいろいろ聞いても意味が通じず、話をしているうちにまた列車が来て発車してゆきました。 途方に暮れていると時間が経過してまた列車が発車しました。 列車に乗れないのなら乗ってきたバスで戻ろうとしましたがバス停は見つかりません。 そこで目が覚めました。

寝汗をかくような恐怖に満ちた夢ではなかったのですが、目覚めた時も徒労感で自分はどこにいるのかさえ判りませんでした。

最近の仕事では確かに徒労感にさいなまれています。 理解しがたい職員の主張への対処や情報が不足している中での情報収集、職員の期待外れ、正解のない判断業務等当然ながら訳の解らない問題は自分の仕事と考えれば対処せざるを得ません。

何かを成し遂げ、判断し、職員にうまく任せて状況が改善するなど結果が伴えば達成感があります。 達成感のない仕事は昔の捕虜に対する徒労感ある作業、例えば井戸から水をくみ、バケツに移し、元のバケツに水を戻すことを繰り返す、水がこぼれてなくなれば井戸からくみ上げる、この繰り返しを一日やるような話です。

結果がすぐに見える作業は幸せです。 私のように結果がすぐに見えない仕事を続けていると、つまりはすぐに取り掛からなくてもすぐに問題が大きくならず、しかし時間が経てば問題は手が付けられないほどになってしまう、うまく対処しても何事もなかったように日々が過ぎてしまい、称賛されることのない仕事の連続、これは拷問の一種ではないかと思います。 多くの経営者は孤独の中でこの葛藤と闘いながら日々を送っておられるのだと思います。

寝るときに『明日の朝、目が覚めるのが楽しみだ』という一説が本の中にあり、仕事で苦労している職員が『あり得ない』と言ったのは印象的でした。
私と同じように彼は苦しんでいるのだと思うと程度の差はあっても皆が必死で仕事をしているのだと実感できました。 しかし、せめて夢では私を慰めてほしいという私の魂の叫びは聞こえてきました。

コメントを残す

[プライベート]

自分のこと

以前求人用に写真を撮ってくるよう言われて写真屋でプロのカメラマンに写真を撮ってもらいました。 結局出来がよくなくてお蔵入りになったのですが、その時プリントをお願いしたものを取りに行かなくてほってありました。

写真屋から電話がかかってきて、取りに行きましたがそこに移っている写真は自分の顔ととても思えないものでした。 普段鏡で見ているはずなのですが、鏡に映しだされる顔と同じには思えません。

自分の顔の印象は若いときのもので、自分の顔を思い浮かべるときにいつも30歳頃の顔が思い浮かびます。 今の顔は頭の毛がなく、顔に贅肉が付き、日に焼けたりシミができたりして汚い皮膚でおおわれています。 いわゆるきれいな顔ではありません。 こんな顔写真の男が代表をしている会社に就職したいなどと誰も思わないでしょう。 うんざりしますが気が休まるのは普段自分の顔は見えないこと、たいていの人、社員は私の顔をじろじろ見たり醜いものを見るような目で見たりしません。

女性ではないので美しさにこだわる必要はあまりないのでしょうが、汚いながらも精悍であるとか知性的とか見られるような顔つきでいたいものです。

昨日面接した人はホームページの私の顔をご覧になり、「思っていたような人でした」とおっしゃいました。 怖くてどのように思っていらしたのか聞けませんが、笑いながらおっしゃったので自分で思うほどには悪い印象ではなかったのでしょうね。

コメントを残す

[プライベート]

引っ越し

私事ですが引っ越しすることにしました。 今住んでいるアパートから数百メートル離れたところで、14階建ての14階、南東方向に向いた部屋です。 各フロアー2部屋で、賃貸マンションですが分譲仕様、会社に机がなくなり、大抵のことは自分の居室で仕事をすることになります。

近所に同じ会社の建設した分譲マンションがありますが、そちらは大きくて高い物件で、豪華に見えます。 しかし管理会社曰くその物件の入居者より賃貸に住む人のほうが所得水準は高いとのことでした。

高所得者層は持ち家というのは固定観念のようです。 私は残念ながら中所得者層に属しますが、年をとるとともに定住より転居を繰り返し、いろいろなところに住んでみたいと思うようになりました。

もともとアウトドア派なので自然の残っているところ、北海道などはバイクのツーリングも楽しいし、リタイアしたら住んでみたいと思っていました。

そのような考えが強くなってから持ち物が減ってきました。 かつての趣味の道具など持っていても仕方ないものは順次捨ててゆき、数年後仕事を続けていたとしても布団・衣類・書類くらいになってくると思います。

そうすれば引っ越しは軽トラック一台で自分でできるかもしれません。 全国に空き家は多く、それを数か月単位で借りて移り住んでゆくのは夢であります。 そうは思うものの今回の引っ越しはあまりに近く、思いとかけ離れたものでした。

世界には定住しない民族があり、日本人でも定住を嫌う人がたくさんおられるように思います。 仕事の関係で定住せざるを得ない人、転勤が多くて定住できない人、様々でしょう。 私の場合、気取っていえば『さまよいたい薬局のおやじ』でしょうか?

コメントを残す

12

上に戻る