相談役BLOG

カテゴリ

事件

[事件]

NHK受信料

昨年末に最高裁で争われていた受信料の強制徴収が憲法違反と判断されました。 私はNHKの存在価値に疑問をもっていますが、そもそもTVインフラが整備されていない環境下で制定されたとはいえ法律が存在するのですから合憲も違憲もないように思います。

私同様にNHKを必要としない人が多く、放送法そのものを廃止するには国会で法律をなくせばよい事です。 裁判官にその判断を仰ぐのはあまり意味を感じません。 放送法を廃止することを公約に上げて立候補する人がいれば当選するでしょうし、NHKを不要とする人の比率より絶対数で多数のNHK不要者がいるから国会で通るかも知れません。

私はノンポリで政治に疎いですが中学校社会で習った三権分立のシステムからはそのようになると思います。 そうなればNHKを生産するのではなく存続をかけて広告収入をとるか電波にスクランブルをかけ、専用チューナーで見るようになるでしょう。 少なくとも今の収入は得られないでしょうし、離島などでも電波が配信されるインフラは設置されなくなります。 しかし衛星放送のシステムがあれば問題はなかろうと思います。

世界的にポピュリズムが台頭している中、日本ではNHKをめぐる問題ですらまじめに最高裁で審議するわけです。

私はNHKが不要と思っていますからTV受信機をもっていません。 もし世の中の半分の人が同じ考えなれば国内可否販売は50%になり、通産省の官僚はみくのを葬るべく政治家を動かすことになるでしょう。 もちろん他の放送局も黙ってはいないでしょう。

私はTVがなくてもさして苦になりませんし、NHKが葬り去られて受信料がなくなってもTV買うかどうかわかりません。 むしろPCにまで課金されるようになればPCの無い生活を選択するか今のところ微妙です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

上に戻る