相談役BLOG

カテゴリ

言葉

[言葉]

質問力

 会社の代表を辞めてから新しい代表に質問されます。 質問を受け、誠実に答えていてもなかなか意思が伝わりません。

例えば流れとか方向、ベクトルの話をしているときに座標の質問、ところで今どこにいるのか? とか、それを知ってどうするのか? と反問したくなります。

初めから話の流れが違えばいくら細かく質問し、誠実に答えてもイメージは伝わりません。 ついに次の言葉をアドバイスしました。

 

誤った質問に対して常に厳密になされる正確な回答よりもしばしばあいまいではあるが正しい質問に対する回答の方がはるかに優れている。

ジョン タッキー (統計学者)

タッキー氏がどのような局面でこの言葉を思いついたか、想像は難くありません。 専門の統計学での質問とすればますます『誤った質問』はイメージできますが、恐らく『株で儲ける方法を統計学から説明してくれ』とかです。

誤った質問であっても質問者と自己の立場を考えて切れるわけにはゆかす、何とか回答を出します。

コメントを残す

[言葉]

余計なことを言わない

当社のスーパー営業マン、忙しくてめったに会えない人ですが会うとニコニコして色々話しかけてきます。 いっぱい話したつもりになって自分のノートに何を話したか記録しようとしても何もノートに書くことがありません。

スーパー営業さんはすごい!といつも思いますが、少しバカにされたように思いますし質問もされ調子に乗ってこたえていると私が話したことは多くあり、スーパー営業さんが私と同様に面談内容をノートに書く習慣があったらいっぱい書かれてしまったでしょう。

ついうっかり言わなくてもよいこと、言ってはいけないことをしゃべってしまいます。 この人は刑事の仕事も出来るのではないかと思います。

ここで余計な事とは何かと考えました。 一つは何かの評価、誰かの評価、業績の評価、取引先の評価などです。 すべて言わなくてもよいこと、会社における誰かの評価は評価者が行う人事考課が総てです。 話題の人が良い評価であっても評価を言ってほしくないかもしれないし、周辺の人はその人が贔屓されていると思うかもしれません。

言わなくてもよい事の二つ目は自分の考えです。 これも会社の中で仕事の考え方、方針などはしかるべき方法で開示されていてそれが唯一絶対のもの、それを批判しているような話をすればあれは一体何なんだ!となってしまいます。 マスコミに紹介された昭和天皇のエピソードで、インタビューした人が『今日は暑いですね』に対する返事は『そのようなことは侍従に聞いてください』と答えられたそうです。 立場上寒い、暑い、うるさい、等一切言わない訓練を積んでこられたのでしょう。

政治家や企業の重責を担う人は余計なことを言わないのは当たり前、余計なことは考えない、考えが変われば修正すればよいがすでに公言していることと違う事を言えばたとえそれが優れた考えであっても聞いた方は不審に思うでしょう。 すでに決定したことを変える必要があれば変えればよいのですが変えることに勇気がいります。 そもそもそんなに多くの事を考える必要は大抵ないはずで、良い答えが見つからないから他人の権限の事に評価を挟みたくなるのでしょう。

コメントを残す

[言葉]

解説する人

前回のブログでAIの新しいOSの利点を紹介しました。 利点は役に立たない情報を捨てやすいこと、人でも知識の披歴の多い人はこの機能が弱い人で情報の選別が出来ない人です。

特徴として情報の選別が出来ないため決められず、情報を披歴することに終始します。 意思決定が出来なければ行動に繋がらず、経験が積み増しできないため失敗を恐れて決定を避ける傾向があります。

代わりに情報の精度と評価をし、評論家になってゆきます。 アドバイスとして決めろ、なのか行動白なのか人によって異なるでしょう。

この話題でアメリカがイラクを攻撃するとき日本に『Show the flag』と詰め寄りました。 良きにつけ悪しきにつけアメリカは決定と行動の文化なのでしょう。

日本の文化で言えば戦国武将の『洞が峠や小田原評定』など決められない話題が批判的に伝わっていますので文化的には決定を重んじる文化なのでしょう。 特に決死の決定と行動は『義経のひよどり超え、信長の桶狭間』等武勇伝として有名です。

闇雲な決定は大きな敗北につながります。 決定しないばかりにより大きな不利益を被ることも多くあります。

決定権を持つもの、リーダーは自らの決定権の行使について常にシュミレーションを行い、準備を進めておくことがその地位にあるものとして最優先であると思います。 権限行使をするときに決定が二転、三転することの無様さは最近の大企業の不正発覚の記者会見を見るまでもない事です。

権限者の美しい生き方は潔さ、それを示す機会無く退任できればその在任期間は幸せだったと思います。

コメントを残す

[会社運営]

[言葉]

イライラの原因

私の仕事のやり方は一つの事に集中すること、つまりは同時に複数の事をバランスよくこなせないことです。 良きも悪しきもそれが自分のスタイルで、若い時より少しはましになったものの概ね変わりません。

会社では同時に多くの課題が発生して、それぞれの組織長が課題に対処しています。 思っていたよりうまく解決できていることもあれば思った通りに失敗していることもあります。

大きな問題や現場から支援要請があると一緒になって対処しますが、多くの場合、当社管理職の皆さんは責任感からかほぼすべて自分で解決しようとします。

一部の管理職は私に支援要請したばかりに話をこじらせ、私の耳に入らないように隠蔽する、これは言葉が悪いので表面化するまでに対処し、解決してから報告が来たりします。

私としては楽な経営者と高をくくって、もしくは自分はあまり役に立たず期待されていないとすねながらお気楽に過ごしていて、ふと現場の問題に触れた時、『えらいこっちゃ、とんでもないことになった』と悲嘆に暮れてしまいます。 落ち込んだ状態で周囲を見ると問題だらけ、解決する問題より起こる問題の方がずっと多い、『あっちも、こっちも、こっちでまた』と目に入り耳に聞こえてきます。

一つに気が付いたなら何とかしようと努力しますが、同時多発ではイライラするばかりで手の打ちようがありません。 それぞれの管理職に問題の原因と対処を聞き、ますます深刻になります。

A氏とB氏が反目して業務に支障をきたしている、C氏は管理職昇格を辞退した、D氏は退職の意向がある、ええい、手の打ちようはないわい、次々起こる問題にイライラは募るばかりです。

TVのドラマで同じようなシーンがあり、私の比ではない深刻な問題が主人公の周りで次々起こり、主人公は問題に引きずり込まれ、誤解され、陰口をたたかれたり、恨まれたり散々な目にあいます。

ある主人公は次々起こる問題に精一杯挑み、次々解決しますがこれでもかと問題が起こります。 ドラマだからいいもんの現実なら大変なことです。 別のドラマで同じような状況におかれた主人公は沈黙を守り、うろたえることなく静観し、本質的な原因を取り除き、すべての問題がすべて収束するのを静かに見守ります。

大変格好よくスマートで、『そんな上手くいくものか!』と思いますが、どちらの主人公にも憧れることになります。 当然作者や演出家はチープな意図を恥じらいもなく表現し、愚かな私は其れにどっぷりはまってしまいます。

しかし翌日会社で新たな問題に触れた瞬間、イライラは頂点に達し、時によっては激高します。

ドラッカーはこれらの対処について『問題を解決したとしても元の状態に戻っただけである』と冷静に判断しています。 目の霞に聞くといわれるブルーベリーのサプリメントを飲んで霞が和らいだとしてももともとも以上の視力に戻るわけではありません。 せいぜい霞が取れる程度、といっています。

会社の中の問題は解決するに越したことはないのですが、殆どが些細なこと、静観し多発する問題の根本原因を見極めなければ個別の問題対処はもぐら叩きになってしまいます。

自分がふともぐら叩きになっていることに気付き、ひどく落ち込むことがあります。 わかっているけど静観できない愚かな自分かいます。

コメントを残す

[言葉]

慎み

口は慎めとよく言う。 最近自分に言い聞かせている言葉です。 口は慎んでも感じること、考えることを否定するものではありません。 何かを感じ、何かを考え、それを口に出すのは言わねばならないと感情的になるとき、相手は人ですから言い聞かせようとするときです。

感情的な言葉はあまり良い結果は得られません。 では相手に自分の考えを伝えたり、相手の質問に答えたり、示唆したり、私が誰かにそれをした時声にならない言葉が返ってきます。 『上から目線で偉そうに言うな!』相手のためを思って問われもしないことを口にした時、この言葉が聞こえてきます。

こういう視点で考えては、ということを伝えたかった時が多いのですが、もちろん相手の話の中にそのような視点が欠けていてそれを感じたから言うのですが、『大きなお世話』になっているようです。 しかし人生の先輩として私の示唆する考えをすれば必ず人生が開けると思ってしまうのは思い上がりなので、『上から目線で…・』になってしまうのでしょう。

一方素直に私の言葉を聞いて『なるほど、そういうことか』と瞬間に感知してお礼を言われる場合もあります。 見ているとその人は考えを変え、行いを変え、良い結果を生み、生き生きしてきます。 よかったと思う瞬間です。 それを口に出して言うよりも日常の自分を見てもらって考えるヒントになればもっと良いのですが、考えたことが行動や日常の言葉に反映できているほど優れた人間ではないことは身に滲みています。 だから『口を慎む』ことが必要なのでしょう。

人によっては感の鈍い人がいたり、感受性が低かったり、考えなかったり、いろいろ至らぬところが見えてきます。 それで何とかしなくてはとおもい苦しんでいる人は良いのですが、全く何の痛痒も感じていない人がいたりします。 社会的には迷惑千万で、『ちっとは考えろよ』と思います。 そのような人はやがて孤立し、何かにすがり、ますますバランスを欠いてゆきます。 たまにお会いする同じ事業分野の経営者でもお金にすがる人などその典型だと思います。

経営者ですからお金を稼ぐことは経営の継続という意味で必要ですが、結果としての利益を究極の目的にしてしまうと時に事業運営がうまく行っている場合もありますが、環境変化の中で消えてゆきます。

口を慎むのも自分の考えに執着せずバランスを保つために必要なことなのでしょう。

コメントを残す

[言葉]

汚い言葉

「コンババ」という言葉がある人との会話の中で出てきました。 在宅ヘルパー職の方で、「コンババてどんな意味? 紺色のおばあさんのこと?」ときくと「根性、ばば色のこと」と答えが返ってきました。

生まれて初めて聞く言葉、私は1953年守口市に生まれ、最近まで守口から出たことのない人間、本来言葉の汚いと言われる北河内にいて初めて聞く言葉です。

守口での人間関係が上品な人、下品な人、裕福な人、そうでない人、昔から住んでいる人、引越してきた人と多様です。

昔から守口に住み、いわゆる北河内弁を話す人も同級生にいましたが大変柔らかなイントネーションで今でも世間で言われるような汚さを感じません。 もっともそのような古語を話せる人は私の年代でも2人しか記憶にありません。

もう一人は守口郊外のまだ農村といったところにすまれていて、私が子供の時にすでに相当高齢のおばあさんでした。 そのおばあさんの話し言葉は『ございます』が『御座ります』というのが特徴でした。 残念ながらこの方はだみ声で、話の内容も問題があり、決してやわらかい感じはしませんでした。

吉本の芸人の言葉が関西弁の代表といわれて久しいですが、60年前までは地元でも何を意味するか分からぬ言葉が多くありました。 たとえば私の祖母は海苔巻を『オスモジ』と言っていました。 それにイントネーションの違いが加わるとわからなくなります。

親戚の叔母は船場の商家『いとはん』(長女)、全く違った言葉づかいでした。 同じ大阪でも北河内、中河内、南河内で言葉は違いますし、中心部でも異なる方言が発達したようで、泉州の泉州弁に至っては外国語のように聞こえます。

しかしコンババはこれらの歴史を踏まえた方言を基にしたものではなく、他府県から転入してきた人が地元の言葉になじむ中で編み出した省略語に思えます。それも最近の話に思えます。

千里中央をセンチュウと言われ、びっくりしたことがあります。 会社に入ったとき事務の女性、20歳代前半の人に「線虫に行ってきた」と言われて動揺しました。

コメントを残す

[生活]

[言葉]

言葉の意味

採用面接で質問をすると答えが質問とかみ合わない場合があります。 そこで新たに質問したことの解説を行い、再質問します。

それでもかみ合わないときは「そうですか」と返事をして終わることが多いです。

たとえば「あなたは自分の性格は素直だと思いますか? 素直であると判断した場合、素直であると判断した根拠、エピソードを教えてください」と質問した場合です。

『素直』という言葉の意味が質問者と回答者の間でずれている場合などです。

回答者が深読みする場合、素直の反対は『頑固』、『ひねくれている』などイメージが悪いので「素直だと思います」と答える可能性が高くなります。

回答者は『素直』の意味を従順で使いやすい性格と判断し、親や先輩や上司に受けたアドバイスを忠実に守って成功したエピソードを答えたりします。

回答者がさらに深読みをし、素直=単純、あまり考えない性格ととらまえれば話はさらにややこしくなります。

一方、質問者サイドでは教えることに対してそのまま受け入れられるかという意味で質問していたりします。 過去の経験で先輩のアドバイスが納得いかないながらもアドバイス通り忠実に行って成功し、アドバイスの意味を初めて悟ったというエピソードを期待していたりします。

初めから誤解しないように質問の意図=素直の意味を事例を添えて詳細に説明するのもつじつま合わせの方法でしょうが、そもそもつじつまが合わなくてもこの質問で相手が素直か深読みする性格かはわかる場合があります。 質問は採用面接では応募者の性格の一端を知ることが目的ですから個別の質問回答に整合性がなくても目的は達成できます。

採用面接以外で社内の報告・連絡・相談でこのような不整合が起こると、せっかく受けた報告によって認識できていなかった状況を誤った状況として認識することになります。

報告者:当部署の職員数が不足しているときがある。
聞き手:それじゃ普段は職員が余っているのか? 不足しているのか? どちらなのかわからないという事態になります。

報告者が伝えたかったのは最近仕事量に繁忙期の波が出てきたことを言いたかったのかもしれません。 いちいち言葉の意味を確認しあうのも面倒くさいこと、ひと手間惜しんで後で大きな問題になったこともあります。

たまたま意味の取り違えで新しいことがわかる場合もありますが、やはり社内の報告・連絡・相談では意味は正確であってほしいです。

コメントを残す

[生活]

[言葉]

許す

人と話をするときに目的があります。 話す相手は好感を抱いている人も嫌悪感を抱いている人もいます。 私は人の好き嫌いが強いのではと密かに思っていますが、他人に言われることがないのであまり気にしていません。

プライベートとしては嫌悪する人に接しなければよく、ひたすら好感を抱く人とのみ接点を持てばよいことですが、仕事となるとそうは行きません。

会社内で何かを伝えなければならない時に私も人間ですから好感を抱いていない人に何かを伝えるときに言葉がそっけなかったり、棘が有ったりしているようです。 誰にでもいえることだと思います。

なぜ好感をもてないのか、ほとんどが生理的なものです。 晩年の父親(故人)の場合は「こうしなければいけない」とか「こうあるべきだ」ということをよく言いました。 当時私は冬山に入山していましたが、「40歳を過ぎて危険だから止めなさい」といいます。 30歳代なら良いのかといえば危険性はさほど変わりません。 しかし自らは60歳を過ぎてスクーターで長距離の旅行にゆきます。 「危険だから止めたら」というと「大丈夫」という返事です。 愛情の裏返しかもしれませんが自分のことを棚に上げて人のことに「…すべきだ、してはいけない」と言い続ける人でした。

自分が理解できないことは「そんなことは起こるはずがない」とか相手の目を見ずにくどくど言うとか、一度「大事な話は相手の目を見てすべきだ」というと激怒し、何か月も口をききません。 何か決めなければならないことがあればその間決めることができません。

自分では父親の態度に腹を立てていたのですが、自分と相いれない価値観の押し付けにいら立っていたのです。

親子でも価値観は異なるもので、それを押し付ける、本人も押し付けるのが良くないと解っていてあらぬ方を見て高圧的に叱責する、今でいうパワハラのようなものでしょう。

価値観の違いであれば「そういう考えもあるね」と受け流せばよかったのですが、正面切って反論し善悪の問題であるかのように考えた自分の未熟さに今更ながらに嫌気がさします。 父親は大人、自分は子供、社会が変わり自分の方が社会経験を積んでいるのだから合理的な判断をしているはずと思っているので超えられない立場の違いに戸惑いもあったのでしょう。

社内の会話に戻り、自分も経験も積んで立場から話を聞き、話をする場面が多くなってきました。 かつての父親の立場が今の自分の立場とかぶり、『気を付けなければかつてのオヤジと同じになってしまう』と懸念します。

しかし人ですから生理的に嫌うこともあり、嫌う点を超越できればもっと相手に伝わる会話が成り立つ、そのためには相手の嫌う点を許す、もしくは気にしないようにする。 しかし、許す・許さないの問題ではなく、好感を持つか嫌悪感を持つか、善悪ではない自分の価値観の問題につきます。

許すかどうかは善悪の問題、悪いことをすれば処断すれば済むことです。 処断を知友著するのは温情ではなく欺瞞にすぎません。 好悪の問題で処断されたら相手はたまったものではありません。 話すべきは会社で仕事をする上での価値観のすり合わせが多いですから善悪でも好悪でもない話です。

時として組織で働くことに疲れてしまうことがあります。

コメントを残す

[言葉]

大丈夫

日常会話で新しい言葉が増えてゆきます。 外国語由来の言葉や長い言葉を短くした言葉、日本語のニュアンスをあらわすあたしい表現などいろいろあるかと思います。

外国語由来で調剤薬局の業界用語としてドゥー処方というのがあります。 慢性疾患の患者様の処方で前回通りの処方が出た場合、Do処方と呼んでいます。 わかりやすい言葉で『前回同一処方』などより伝わりやすいでしょう。 長いものを短縮するのでびっくりしたのが『千里中央』を『センチュウ』というのがありました。 40年ほど前に聞いて『線虫』と首をかしげたのが印象に残っています。 新しい表現では『KY』は代表的でしょう。 少し相手を侮蔑した表現のように思います。

日本経済新聞1面コラム『春秋』に『大丈夫』というのがありました。 もともと「金銭の誘惑に負けたり、権威に屈しない、志の高い男子」というのが新明解国語辞典の解説だそうです。 このような意味はすでにすたれ、何とかなるよ、ご心配なくというのが一般的使用例と思っていました。

ところが最近はNo thank you. の意味でつかわれることが多く、「・・・・は必要ですか?」、「大丈夫です」の受け答えに使われ、「いいえ結構です」という意味でよく使われます。

個人的には違和感を感じる表現で、採用面接で「何か質問がありますか?」、「大丈夫です」、「何が大丈夫ですか?」と切り返します。 もちろん私でも「質問はありません」という意味は理解しますが、採用面接はいわばオフィシャルの面談でまだスラッグの表現を使われると違和感を感じます。 それ以外の会話はスラッグを排除して受け答えしているわけですから「徹底しろよ」と思ってもうなづける人はたくさんいると思います。

言葉は生まれて市民権を得て、オフィシャルでも使われるようになるわけですから正確な会話を必要とする場面では使わないようにすべきと思います。

もし「おれはそのような既成概念にとらわれず生きてきたし、これからも生きてゆく、その我儘を通しても貢献できる人材と自己評価している」ならすべての表現に自分の言葉を使うべきで、そのように思っている人の会話を漏れ聞くと私などは外国語の話かと思ってしまいます。

言葉は時間とともに洗練されていくもので、KY等は時間の経過とともに消滅する言葉のように思います。 人を蔑み、暗く陰口を言うようなニュアンスを感じるので決して生産的ではありません。 空気が読めないと言われている人の中には正しい主張をする人もいて、それをKYと無視するなら正しいことを言う機会は減り、みんながにこにこと当たり障りのない会話に終始することになるかもしれません。

我々の年代であれば周りの意見に反して自己を主張する人に敬意を払い、それが的外れであれば『唯我独尊』と表現したりします。

コメントを残す

上に戻る