相談役BLOG

会社を見る鳥の目

経営者の目線で、日々の思いやできごとを綴っていきます。

[未分類]

[社会]

インターネット

 昔といっても1989年8月に私は京都の山岳会登山隊のメンバーとして中国青海省の山を登りに行きました。 同年4月は天安門事件が起こった年で、政情不安な時期に行くので覚悟が必要でした。

私は通訳担当と苦手な語学を勉強しましたがさっぱり上達しませんでした。 四川省との境界付近の山岳地帯に入り、馬に乗ったチベット人の猟師に声をかけられたとき、それは中国語講座で聞いた北京語でした。 山奥でテント生活を送る彼らもラジオは聞いていて、学校教育は北京語で行っているようです。 だから隣の部族とはなまりが強くて会話が通じないといわれていたチベットの人も北京語ならコミュニケーションできるようです。

話は変わって私はいなか暮らしにあこがれ、秋田の中心から離れた能代市に住んでいます。 しかし『いなか』とはと聞かれてもうまく説明できません。 人口の集積、結果としての都市文化の発達の反対といえば過疎で都市文化ではない、秋田は県全体でも人口は100万人を切っていて過疎です。 空き家・空き地、廃業した店舗があり、昔の繁栄も見られません。 例えばオートバイを扱う店は家の近所に3軒あることになっていますがどれもが廃業しています。

地場産業やおいしい料理店は乏しく、特産品 といってもあきたこまち、じゅんさい、白神ネギなどです。 地元の人が「秋田は戦争もなく、コメはたくさんとれて食べることに困らないから向上心が無い」といってました。 豊かだから工夫しない、しかし都会の文化は成立しないので刺激がなく、若い人は都会に出てゆきます。

たまたま話す機会があった20歳の女性は都会に出ていくのが怖いらしく、秋田にとどまり自宅に引きこもりYouTubeを見ているそうです。

いなかをライフスタイルとするなら引きこもってYouTubeを見ている人は大阪でもいました。 自然が多く残っているのが『いなか』なら今の時期はスキー場は満杯になると思いますが、昨日秋田市から近い阿仁スキー場に行くとすいていて近所のスーパーくらいしか駐車場に車がありません。 水曜日ということもありますがゴンドラもリフトも待っている人はいません。 滑っている人は中高年が多く、次に若い人です。 いずれ多くのスキー場が閉鎖されることと思います。 残された自然の中で遊べるのが『いなか』であれば一部は叶わなくなってゆきます。 観光立地は遠のいてゆきます。

住民の素朴な人柄に期待しても大阪の気質しか比べるものがありませんが、個人差しか感じることはありません。 多くの人がTVを長時間視聴し、日本人全体の気質が均一化していると思います。

結局うまくは説明できませんが空か広く、晴れ間は建物建物の間から見えるのではなく空一面に広がり、1時間散歩しても一人も人に合わない公園があり、海があり、人恋しくなれば地元のスポーツ団体に入るのもよいでしょう。 都会から来た人を排除することもないところが私のあこがれた『いなか』だったのか、住まいの近所にクマなどの野生動物が頻繁にあらわれ、近所に食料を調達できる店もない暮らしを望んだわけではないと暮らしてみて思い知りました。

光回線も引けてネット環境も整い日本経済新聞の電子版も都心と変わらず情報は提供されます。 過疎地に暮らす人は都会との同一性を求めTVを視聴し、さらに個性を満たすべくネットの中から自分に合った生活を拾い出してゆくと思います。

コメントを残す

[コミュニケーション]

リモートワーク

 秋田に来て2ヵ月が経過しました。 うえろくに席があるのでリモートワークをしています。 実際の仕事の中身は報告メールのチェック、問合せ(メール・電話)でリアルな面談を多用していた者としては不自由さになれません。

コロナ禍でリモートワークが多くなり、日経の記事に出てきます。 印象に残るリモートワークの記事はありませんでした。

私は日本の非製造業の生産性が世界の中で非常に低いことを気にしていました。 私が関与する事業は実態として非製造業でその生産性が低いと我々が行っている仕事の生産性が低いことになります。 調剤薬局や高齢者介護の仕事は厚生労働省の仕事、おそらく世界一報告書類の多い事業だと思います。

だから仕方がないのではなく改善は図るべきだと思います。 そのきっかけがコロナ禍をきっかけとして広まったリモートワーク、私のように簡単に出勤できない者は究極のリモート、つまりはこれで仕事ができるなら海外に住んでいても構わないと思います。 せっかくだから自ら実験してみようと意気込むのですが、メール送信される報告内容で実態が分からず、成果につながることが出来ていません。 なまじ見えない不安が募り、疑心暗鬼になってしまいます。

自分の仕事の目的はこの成果を上げることと明確に定義され、そのためにここまでの権限と権限行使にまつわる報告義務と責任を明確にする必要を感じました。 きちっと権限範囲が決まっていれば指示もできます。

役割間の食い違いを減らすため質問を多用し、質問を受けたほうは定例の報告様式に工夫を加えるように仕向けることで目的にアプローチしようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

[人間関係]

コミュニケーション

 大昔のTVコマーシャルで耳の遠い老夫婦の会話がアニメを交えて使われました。 山本山の海苔のコマーシャルで耳が遠いからお互いに商品名を連呼するというものです。

会社で私が一番コミュニケーションがうまくゆかない状況は質問と答えがねじれる時です。 実際のビジネスについて『結局何をしたいんだ?』と問えば求める答えは戦略であったり戦術であったり投資など実際のアクションなりです。

答えるほうは言いたいことがあり、勢い込んでそれを言います。 聞き手は必要だから聞いているわけで、言われたことが聞きたいことと違えば重要なことを言われても『ちょっと待ってくれ』になります。

私は2度は聞き直しても3度目はありません。 それがあまり多いので私のコミュニケーション能力が低いのかと思ったことがあります。 能力の高い低いは比較対象があっての話でしょう。 問われている人が意図して問いと異なる答えを出していたら敵意すら感じることになります。

コメントを残す

[プライベート]

なまはげ柴灯まつり

男鹿半島のなまはげはユネスコ遺産にも登録され有名な鬼です。年末に村の若者がなまはげに扮して村内の各家を周り子供を脅して躾ける行事です。男鹿半島の山中にある真山神社で毎年祭りとして披露されるようになり、多くの観光客を集めています。今年は新型コロナの影響で観光客は少なかったです。各村に伝わる面は素朴で迫力のあるものです。 なまはげの太古の演奏は迫力がありました。

コメントを残す

[価値観]

価値観

 政治と宗教の話はご法度ですが、あえて今世の中で一番話題をさらっている森氏のことにつき意見を言いたくなりました。

ノンポリの私が議員として森氏のことを知ったのは首相就任した時からです。 前首相の病没の枕もとでの一言で自ら首相となったことから日本の政治の未熟さを思い知り、私の政治不信のきっかけとなりました。 その後渡米した森氏が当時の米大統領クリントン氏に『Who are you?』といったとか言わないとかで新聞社に勤める友人が激怒していた人です。

さて今回の問題発言に接したとき、私は何とも思いませんでした。 当人はそのような人、私が以前勤めていた会社にはよく似た人がたくさんいて、それは個人の問題ではなく蔓延した価値観のあらわれにすぎないからちょっとした不快感以上に感じることはありませんでした。 おそらく自民党を支配する本流価値観を象徴していて、民間企業でも同じような価値観を中心とする会社は取引先にもありました。 その弊害は日常的にあらわれます。

漏らした一言を追求することから始まり本人そのものの否定、そして自民党派閥領袖のN氏の森擁護発言、この発言が引き金になり組織の体質を問題にする記事が増えました。 体質にどっぷりつかっている山下氏は当初沈黙、発言の不適切さ、批判を阻むJOCの体質、すべてわかっていて小出しにするところに組織にしみ込んだ価値観の深さをにじませています。

おそらく批判は本質に向かって続き、森氏の意地の張り合いの末一番見苦しい辞任劇に展開すると思います。 私の近しい人は数年前からオリンピックのボランティアに登録していました。 スポーツが大好きな人で今回のも静観していました。

わが身に振り返り、批判されている価値観に自分自身が汚染されていないか気になります。 このような旧弊に染まった老害を見てきた身として自分がその立場に立ちたくないからです。 いま私の年齢に近い人が世界の政治のトップに立っています。 日経新聞の国際欄で海外のトップの発言を聞いているとこわくなってきます。 そこまで思い出したとき、森氏に始まる批判が時代錯誤の価値観を消し去ることを願ってやみません。

 

コメントを残す

[採用]

求職

 私は当社での取締役期間、採用面接にのみ注力してきました。 経営者としては珍しいことと思います。 もちろん空いている時間に銀行とのやり取りや経営方針を考えたりしましたが主には採用の業務をこなしてきました。 制度ビジネスを主力業務として事業運営するうえで人材は最大要素と考えたからです。

私が行ったから良い人材が取れたかというと自信はありません。 30歳前の1回目転職の人との面接が標準的でしたが、20から40歳の年齢差を埋めるべく初対面の応募者に全力で会社の説明をしました。

最近はほとんどの応募者が人材紹介会社経由で応募してきます。 ハローワークやホームページから応募する人は皆無になりました。 だから人質が上がったかというとそんなことはなく、ミスマッチの紹介も大変多いです。 高いコミッションを取ってこのミスマッチは何なんだと思ってもほかの採用手段がないので仕方ありません。 そういうものと考え、人材採用税が新たに課税されるようになったとでも考えたほうがよさそうです。

個人的に人材紹介事業に価値を認めません。 誰でも使えるサイトがあればそれで事足りるわけで、応募者側の相談料、不安解消料に年収の30パーセントを払うならとりあえず応募して質問すれば自分に合う仕事かどうかわかるはずです。

かつてアメリカのコンビニの店舗運営方法を聞いてびっくりしたことがあります。 定期的に棚位置を変えるそうです。 いつも同じ場所に同じ商品があると客は飽きてしまうそうです。 たまに棚位置を変えると目当ての商品を探さなければならないので客は新鮮さを感じるそうです。

そのアメリカで失業している人が職業紹介会社のコーディネーターに相談し進められた仕事を喜んで応募することは想像しにくいものです。 自分で自分が働く会社を探すことに好奇心を持ってもらいたいと思います。

紹介会社へのコミッションが惜しいのだろうと想像する方はおられると思います。 惜しいです。 しかしコミッションを払って自分で仕事を探す気のない人を採用し、『どうも自分に合っていない仕事のようだ』と思って辞められることの無駄さ加減は惜しいという言葉では表せない気がします。

コメントを残す

[生活]

安比高原スキー場

 安比高原スキー場に行ってきました。 本州にあるスキー場として最上級のスキー場です。 人気のあるスキー場の条件は雪質、ゲレンデのコース・面積・バリエーション、交通アクセス、ゴンドラ・リフト・ホテルなどのインフラ、景色などでしょうか。 関西のスキーヤーにとってあこがれのゲレンデでGo To Travelを使って安く行けるツアーがあっても長期の休暇が必要になります。

実際の印象でいうと雪質は最高、コロナの影響でか日曜日なのにがら透き、自宅から2時間30分、1日リフト券(ゴンドラ搭乗可)は割引がついて3100円、雪の露天風呂付温泉割引と関西人にとっては満足の一言に尽きます。

今回は能代スキー協会という団体のバスツアーに参加させていただきました。 29人乗りのバスに10人ほどの参加で平均年齢70歳ぐらいでしょうか、スキーツアーにしては少々高齢のようにも思います。

20数年ぶりに板を履き、67歳になった私に果たして滑ることが出来るのか心配でした。 会長が付っきりで教えてくれます。 思うように板に乗れず、脚力で何とかしようとしてしまいます。 氷点下10度弱の強風の中でボーゲンのターンを繰り返します。 リフト5本くらいで中級斜面でのパラレルターンがよみがえってきました。 しかし重心が安定しないので板は暴れますが転倒せずに滑ることが出来ました。 リフト10本ほどで本日終了しました。

メンバーはそれぞれ力量に合わせた斜面を滑っていたようでメンバーに出会うことなく黙々と滑りました。 板も進化し、私がスキーをしなくなったころ出てきたカービングスキーはさらに進化しているようです。 新雪を楽しむ幅広の板も登場し面食らってしまいます。

帰りのバスで男性メンバーと打ち解けて話をすることが出来ました。 それなりの年になってもスキーをしようとする人はアクティブで若いときは東京など都会に出て仕事をしてきた人たちです。 それぞれの事情で能代に帰ってこられ、秋田での生活を楽しんでおられます。 ハイキング、カヌー、テニス、野球、ゴルフなどインフラは十分です。

能代での生活について皆親切に教えてくれました。 残念ながらほぼ津軽弁(青森の方言)は理解できません。 外国人のツアーに参加させてもらったと思えばいいのかと思いました。

コメントを残す

[生活]

東北ナウ

氷結した米代川  Jan.8,21

 鉄道マニア垂涎の雪の五能線  Jan.3,’20

 八甲田山ロープウェイ     Dec.28,’20

 庭にイグルーを作りかけました。 かつて山登りをしていたころ、6人がゆったり寝られる雪洞を掘り泊ったことがあります。 単独の山行で2月乗鞍、3000m付近で棺桶型の雪洞で泊まったことがあります。       Jan.19,’21

 完成したイグルー 人が一人入れます。よる蝋燭を灯すとほんのり明るく風情がありました。 野良猫が覗きに来ました。 翌朝の雨で崩壊。  JAN.21、’21

 能代市は日本海沿岸で風が強く、海岸に防風林が発達しています。広いところは幅何キロにもわたり、青森県から秋田県にあります。強風のため松が斜めに生えています。                                JAN.20,’21

風の松原はかつては林野庁の管轄で国有林でしたが、現在は森林組合が管理し、今回の強風で松が倒れると伐採するなど管理されています。 森林内に遊歩道が縦横に走っていて迷います。                       JAN,20.’21

 津軽鉄道/津軽五所川原駅駅舎の内部です。 単線ディーゼル機関車の日本最北で走る私鉄です。 列車内にストーブがあり、ストーブ列車としてマスコミに取り上げられています。         JAN.23,’21

 津軽鉄道の車窓から移した津軽平野です。 見渡す限り雪の原です。                  JAN.23,21

 青森県五所川原市金木町にある太宰治生家 内部は広く、立派である                  JN.23,’21 津軽鉄道は日に3便ストーブ列車を運行します。 3両編成の一両に2台の石炭ストーブ、車内販売のスルメは職員が焙ってくれます。スルメを買った乗客は日本酒かビールを買ってスルメをあてにお酒を飲みます。JAN.23,’21

 津軽鉄道の走れメロス号 ディーゼル機関車です。土曜日に乗車しましたが、ストーブ列車の乗客は観光客だけです。JAN.23,’21

 津軽鉄道金木の駅舎

JAN.23,’21

  津軽鉄道廃車の車両は線路に放置されています。                         JAN.23,’21

 

 はいれメロス号が駅に入ってくる処で、旅情をそそります。               JAN.23,’21

コメントを残す

[未分類]

直感の罠

 一部凍結した米代川河口付近

不安になったとき、自分の周りにあるあいまいなものを決めこみたくなります。 決め込むとこれはこうであると宣言したくなります。 決め込めば定義に沿って何かを動かそうとします。 ごくまれにすべての行為がツボにはまってうまく事が運びます。

それはとても危険な時で、事実に基づいて定義し、意思決定しているわけではないので、つまりは直感だけで事が進んでゆきます。 どうすればよいか決めかねていたたな晒し案件が決められ、都合の良いこと悪いことがあぶりだされます。 そしてよいことだけがクローズアップされて事が進むことを皆が望むようになります。

プラスの波に乗って大きく発展する企業、儲けまくる投資家、拝金主義の垂涎の的になります。 その裏でびっくりするほど多くの失敗例が積み重なっています。

秋田に住む4か月弱、リモートワークとはいえ充電期間のようなもの、自ら何かを定義し意思決定や評価から遠ざかり現場復帰したときに評価し決める罠にはまってしまいそうです。

コメントを残す

[社会]

医療団体代表のインタビュー

 医療団立井の代表がコロナ対策で盛んにマスコミに露出しています。 医療に従事する者として現場の状況を説明するのならよいのですが、責任範囲外のことまで批判したりしています。 インタビューアーが言わそうとしている可能性があります。 医療団体は日本で一番多額の政治献金をしている団体です。

批判されていることに首相のコロナ禍での会食がありますが、それをセットしたのは重鎮と呼ばれる派閥の領袖で、首相交代時に動いた人です。

日本の危機対策に時代劇に出てくる悪代官のような政治家、多額の献金で高い報酬を得ている団体のトップ、それぞれの発言もどっちを向いて言っているのかわかりません。

コロナウィルスの蔓延は危機であり、歴史に答えを見出してはどうかと思います。 初期によく話題になった100年ほど前のスペイン風邪の流行です。

対策として当時と異なることはワクチンの存在、最近はワクチン開発の話題に終始しています。 ワクチンが感染対策に有効であることは間違いないですが、蜜を避け、在宅ワークを推進し、過疎の地方都市への移住を促進するなど決定打でない有効策が比較的『疎』の都市に住んでみてよくわかりました。

 

コメントを残す

12345...102030...

上に戻る