相談役BLOG

会社を見る鳥の目

経営者の目線で、日々の思いやできごとを綴っていきます。

[会社運営]

[価値観]

退職

当社は比較的変化の大きい会社です。 約20年で社員は17倍になりました。 10人から170人、160人増は年間8人の増加で達成できます。 しかし退職する人もいてこの20年で170人が退職しています。

当社の採用面接で履歴書を拝見すると職歴の多さにびっくりすることが多くあります。 60歳を超えた方を中心に採用しているモニタリング職では履歴書の職歴欄は1社のみという方が多いです。 そしてほとんどの方が退職せずに定年を超えて働いておられます。

30歳代の人は新卒時に就職氷河期で転職を繰り返したと思われる職歴欄になっています。

私も転職を一回していて転職してよかったと思っています。 しかし私個人の考えで一般論として転職の良し悪しを評価はできません。 会社の風土や仕事内容等合う、会わないがあるので合わない職場で無理やり仕事を続ける意味はないと思いますが、そもそも何なら合うのか、これが改善されれば、このような手ごたえや達成感が欲しいとか解かっていない人が転職者に多いのも事実でしょう。

どのような仕事でも成果が生まれれば達成感は感じられますし、やりがいにもつながるのではと思います。 その成果が自分の考えた方法で挙げられたならさらに達成感は大きいでしょうが、上司に受けたアドバイスや読んだ本からヒントを得た方法でも成果は仕事をする人の気持ちを充足します。

コメントを残す

[プライベート]

言い訳

人は何か割り切れないとき言い訳を考えます。 言い訳は自分の中で自分中心で考え、自分が一番納得できて傷つかないものになりがちです。 もしよい言い訳が見つからなければいつまでも割り切れない事、不都合なことを引きずることになったりします。

自分を取り巻く環境を客観視して不都合の理由を分析すれば問題の改善が計れたり、不都合が関係する人に納得されたりしますが、自分の過ちを認める場合が多く、自分も傷ついてしまいます。

自己中心の言い訳を公然と発言することは自らの思慮の無さ、向上心の無さを公言していることになり伝えた相手から軽蔑されるだけでなく自分の成長も止まってしまいます。 稚拙な言い訳であればあるほど真実が露呈しやすく、それを隠すために更なる言い訳を考えることになります。 ならば何も考えない方がまだましにも思えます。

偉そうに言っても自分でもこの手の言い訳を考えることは多々あり、対策として一度紙に書いてみたりします。 文字になるといかに勝手な意見が浮かび上がってきます。 それを読み返すことはつらいものがあります。

言い訳しなければならないことはたいていしてはいけないことをしてしまったり行ってはいけないことを言ったりしたことを正当化するためです。 言い訳を紙に書いて反省するより言い訳しなくてはならないことをしないようにする、言わないようにする、考えないようにする、成長する人は日々この戦いを行っているように思います。

コメントを残す

[生活]

ダイエットシリーズ

ダイエットの話題になると『全然太っていないじゃないですか』と言われます。 確かに見た目太っているように見えませんが、体重はあります。 今度は『筋肉質なんじゃないですか?』と言われます。 昔ならペンより重いものは持たない生活、現在ならキーボードを叩くだけとなるでしょうが、近距離の自転車移動をやめて徒歩です。 毎日1万歩前後でしょうか。

食べる量も多くありませんが中性脂肪が基準値より高い、悪玉コレステロールが高いなどダイエットというより運動を求められています。

この2日は久しぶりの連休、エアロバイクで毎日500kcal分漕ぎます。 好きなアンパンの袋に450kcalと書いていましたから体重を落とす目的なら食べない方が効果的です。 エアロバイクで500kcalは走行距離にして60㎞くらいになります。(負荷をかけてペダルを重くすると走行距離は減ります。 そうすると心拍数が増えて負荷が低下します。 心肺機能が低いので機械的に制限されます。 風の無い平坦道の実車走行なら20㎞/時間程度の負荷になります。)

食事も減らします。 朝はコーヒー1杯、昼は野菜スープ、夜はお好み焼き1枚、食事をしないと私は便秘になるので体重計に乗ってもほとんど変化はありません。 エアロバイクい゛外にも腹筋やスクワットなども行います。

小さい部屋で暖房を入れずにエアロバイクを漕いでいると室温が上がってきます。 昨日なら11℃だった室温が13℃くらいまで上がり、湿度も上がります。

人間の体は不思議てこれだけからだに負荷をかけても空腹感はありません。 それをいいことに何も食べないでいて外出時に倒れてしまったら大変です。 若いときに体重を落とす目的で(ロッククライミングをするべく減量しました)3日食べなかったことがあります。 この時は梅田の旭屋書店で本を探していて立ち眩みし、慌てて何か食べました。 年をとるとなかなか立ち眩みも起こりません。

今回のダイエットは目的が中性脂肪値の改善、摂取カロリーを減らすこと、運動することが目的で減量は目的ではありません。 それでも少しでもスーツの似合うスタイルを維持したいというのは無謀な事でしょうか?

ハリウッドスターで私より年上の人が全然老人臭くないのを見ると自分もと思ってしまいます。

コメントを残す

[生活]

年始

昔から正月を楽しみにしたことは覚えていません。 家族で初詣という習慣もなく、仏壇の前に家族がみな集まり、家長つまり父親が経を唱えるというのが儀式です。 たまたま父親は寺で育ったのでそのような事が出来ます。 そのあと大昔は屠蘇の盃をかわし、おせちをつまんでお年玉をもらう、あとはTVを見て一日を全員が仕事をしないで過ごし、昼から寝るというものでした。

子供にとっては退屈な時です。 昔の正月番組は今でいうバラエティ、私にとって面白いわけではありません。 大学生になると家にいるのがうっとうしくて大学に行ったり、年末年始の高給バイトに勤しんだりしていました。

昔の生活が災いして今の正月の過ごし方も似たり寄ったりです。 元旦は溜まっている本を読むのと小さい会社の月次決算処理、増えた体重を落とすべく食べるのを控え筋トレ、エアロバイクですが、小さい会社の通帳記帳にATMまで出たついでに近鉄線に乗って八尾まで散歩に出かけました。 八尾駅から北東方向に歩き出し、恩地川沿いに北上しました。 恩地川には大きな鯉がたくさん泳いでいて鴨の親子が餌をあさっています。 東花園駅まで1時間半ほどかけて歩き、花園ラグビー場でラグビー観戦を終えた観客でごった返す電車で帰りました。 約8㎞、15千歩の散歩でした。

2日は友人と初詣、浪速区の大国主神社、生玉神社、四天王寺、堀越神社と近隣寺社巡りで間に阿倍野でお茶というパターンです。 どこも参詣者が多く、お賽銭を上げるにも並ぶ始末、生玉神社は並んでみたものの10分立っても1mも進まないありさまで引き上げました。 日本は神さんが多いので大変です。 朝9時スタートで全部終わって夕方、25千歩歩きました。

3日は読み進めなかった本を読み、エアロバイクを漕ぎ、筋トレや階段昇降を繰り返し体重計に乗って体重が減っていないのに愕然としました。 夜はネットで運動と消費カロリーの関係を調べ、脂肪1kgを減らすのに7200Kcal、ランニングで落とすなら100㎞走らなければならないそうです。 運動だけに頼って減量するのは64歳の自分には酷な話、ならば減食という事になります。 すでに大豆を大量に買い込んで食べています。

自分の基礎代謝を簡便計算で求めると1570kcal、運動による消費と合わせて2100kcalとすれば1食700kcal以下に抑えると体重は落ちるはずです。 原料の失敗する水準は1カ月に5%以下に抑えることだそうです。 73kgの体重があるので5%は3.65kg以下の減量目標になります。 これを超えた原料は8割がリバウンドおこすようです。 私の場合は1kg/月程度を目標にしていますが、10カ月で当然10kgになるので大きな目標です。

1日の摂取カロリーを240kcal抑えるだけで1kg/月減量できるわけですから(7200÷30)、700-240=460kcal以下であると3kg/月の減量が達成できます。 食品カロリー表を見る限りこの水準のはずなのですが現実の体重は横ばいです。 体重に関してはショッキングな正月でした。

コメントを残す

[生活]

海外駐在

ドイツに駐在する息子が一時帰国しました。 海外駐在は私の若いころなら羨望と憧れの的でした。 息子の会社では昇進は遅れ、日本の労働基準が適応されないのか帰宅は遅く、21時からの業務の指示など当たり前のことだとか電通の事件があれだけ騒がれているのにこの会社の現場管理は熱心ではないようです。

久しぶりなのでつまらない質問をしてしまいます。 『昼ご飯は? 近所の和食を食べているよ、いくらくらい? だいたい10ユーロかな、 昼ごはんに1300円は高いね、1ユーロの肌感覚は100円くらいだから千円くらいか、それでも高いね』、日経新聞を読んでいると毎日ヨーロッパのニュースに触れます。 ドイツのニュースは特に多いと思います。 メルケル首相が何を結ったかまで報道されるのでドイツに珍しさは薄くなっています。

若いときあこがれていた海外駐在、当時の赴任先はアメリカ以外は発展途上国でも大変な憧れでした。 ましてヨーロッパとなるとなおさらですが、ドイツ人の部下と英語で遣り取りし、1300円の日本食をお昼に食べて日付が変わるまで仕事に追いまくられるのでは憧れも消えてしまいます。

年が明けるとすぐに帰国ですが、近くの任地に帰るのを見送る気分です。 飛行機の搭乗時間が12時間だそうですが、国内でも最短移動時間12時間超の場所があると思います。

国際化のメリットは大きいでしょうが、通信技術が発達した現代ではドイツに事務所を構えて内勤部隊を駐在させる意味は乏しいのではと思いました。

コメントを残す

[プライベート]

[生活]

自己流ダイエット

中性脂肪が高く、定期健康診断で要治療と診断、医者に相談に行きました。 中性脂肪を減らす薬を処方してもらい『大豆を食べるように』と言われました。 ネットで大豆30kgを買い、圧力鍋で大豆を焚いて食べています。

大豆が主食とならなかったのは単位面積当たりの収量の問題かと思っていましたがおいしくない事が主食でない理由と実感しました。 しかし食べなければいけないので味付けに工夫し、豆腐を入れて炊くなどしています。

2週間ほど続けて体重は2㎏ほど減りました。 大豆効果ではなくあまりのまずさにたくさん食べる気がしないからでしょうか。 理由はともかく減量は順調です。 原料と中性脂肪の減少は同じでないにしろそもそも基礎代謝を下回るカロリー摂取では痩せるでしょうし中性脂肪も減ってゆくでしょう。 植物性とはいえたんぱく質は多く含まりていて筋力低下やタンパク不足もまぬかれそうです。

次に運動、エアロバイクを譲り受け、消費カロリー100kCal.にセットしこぎます。 走行距離にして約10㎞、エアロバイクの解説は300kCal.を目標としていますが、耳たぶに付けた心拍数計が安静時に100/分を下回りません。 ダイエット以前の問題でタバコを控え、そろそろ漕ぐようにしました。 2週間続けて300kCal./日を消費できるようになり、心拍数も平均値になりました。

昨日は甘いものが食べたくなって粒あんドーナツを一つ食べました。 袋を見ると350kCal.、本日のエアロバイクがあえなく徒労に終わります。 なおさら運動が必要ですのでこぎだしましたが、エアロバイクのハンドル部にモニターが付いていて、そこにノートパソコンを乗せネットを閲覧しながらこぐと時間の経過を忘れて漕ぐ事が出来ました。 本を読みながらとか英会話を聞きながらも試しています。

運動も同じことをしていると使う筋肉に偏りが出るので自重トレーニングやゴルフクラブの素振り(思いのほか体力を消耗します)、近隣の移動は徒歩などと工夫しています。

小部屋で運動し体か温まってくると室温が上がり、湿度も上がります。 もちろん暖房を入れなくても寒くありません。 人間ストーブ・加湿器になっています。 最近の室温は夜間10℃を超えたところ、止めると途端に寒くなります。 室温が上がると言ってもせいぜい1度以下の上昇です。 64歳になっても体力強化が図れることを実感しました。

コメントを残す

[採用]

採用面接

新聞を読んでいると求人難の記事が多く出ている中で、ミスマッチで就職浪人せざるを得ない人や希望のところに入社したものの早期に退職する新人の話が多く出ています。 このような状況は当社でも同じで、会社をより良いものに体質改善を図る中で退職者もそれなりに出てきますし、新規の採用は大変苦労しています。

中途退職する人は勤めている会社が良くなるのに(経営サイドが考える良さではありますが)やめてゆくのか不思議に思う事があります。 私自身はあまり保守的な考え方ではないので何事も少しでも改善しようとします。 一方で代表を退き、情報が集中しなくなり、状況がどんどん変わっていくのは保守的でないにしても寂しくもあります。 変化の先端でその先を見ていることが変化を納得するコツでしょうが、決定権がなければ変化は受け入れるより仕方ありません。 おやっ、と思う変化もありますが、皆が考えて起こした変化、時間が経過すればその合理性は実感できるものと思います。

採用難の問題は中途退職と表裏の関係でもありますが、まずは絶対的な求職者の不足でしょう。 その中で職業に対する考え違いから転職する人が面接に来られますが、どちらかというと石の上にも3年という考えの人ではありません。 以前の職に対してその人が職に対する満足を得られるであろうと短時間に会社の良さを伝えなければなりません。

その一方で人手が足りないから何でも良いというのではなく、当社の考えに沿える人でなくてはなりません。 結果的に5~10人面接して1人採用できれば良いくらいの確率です。 これでも採用側としてハードルはずいぶん下げているのですが、人数合わせで採用したり、当社の理念などがうまく伝わっていないで採用したりしてもお互い不幸なだけになります。

とはいっても当社の職員に話を聞くとほとんどの人が良い職場、良い会社と言ってくれます。 他の会社を見学に行き、生き生き働いている方たちを見てもその会社はよい会社、良い職場であろうと想像します。 世の中には当社も含めそのような良い会社がたくさんあり、また経営者の考え方が間違っていて人間関係がぎくしゃくしている会社や改善を怠って業績の優れない会社もたくさんあります。

仮に半分が良い会社、半分が良くない会社とした場合、良くない会社に勤めれば会社や職場をよくすることが働き甲斐につながる場合もあります。 働く人にとっては勝手な意見かも知れませんが、どこでも働く人の考え方で働き甲斐が見つかるのではないでしょうか?

私が前職で会社勤めをしていて仕事が嫌になったとき上司が『どこで咲いても花は花』と言いました。

コメントを残す

[経営]

ゼロからの起業

会社の代表を退いて、役員で残っている以上何かせねば、と思い起業のネタを探しています。 会社の組織上営業本部という部署が担当しているのですが、会社としては非正規プランを出してみようという事です。

やはり自分が過去から温めていたことが中心で、本ブログでも紹介しました田舎暮らし、CCRC、障碍者雇用、などのキーワードが出てきました。 最近ではゼロからの起業ではなくM&Aでもよいのではとも考えています。 購入した事業を過疎地で運営する、必要な労働力はアクティブシニア、障碍者、さらには受刑者(受刑者の再就職は大変困難で、それが高い再犯率の元となっているようです)まで視野を広げています。

ネットで情報を集めると正しいかどうかは別として情報は集まります。 タラ、レバの話をしてネット環境をフル活用すれば過疎地に産業振興、雇用創設が可能となります。 雇用者のすべてが何か技術をもっているわけではないので技術の無い人の仕事として農業を起業することも情報が集められました。

事業化の一歩は道筋を明らかにすることですが、田舎に暮らす上で候補地選定が最初になります。 晴天日数が多く過疎化に悩んでいる岡山県が関西エリアに近いので候補としました。 白桃やマスカット、ピオーネ等果樹の産地でもあり、農業を基盤事業として考えやすいです。

岡山県の役所や農地管理機構の人の話を聞く機会があり、進められるのは後継者難の県中央部の山間地帯です。 温暖ではなく、畑作が多い印象です。

農産物は高く売れなければ労多くして益の少ない産業です。 農業統計を見る限り白桃やピオーネを作っている農家がそれほど儲かっていると思えません。 統計上高収益作物はシシトウだそうです。 以前イチゴをずいぶん研究しましたが、産地間競争が厳しく産地県の農業試験場が品種改良にしのぎを削っていて今年も受かったとしても来年儲かると限らない状況です。

そこで農産物を売ることを先に考えてはどうかと思いました。 ネットで八百屋の収益性について調べると悲惨な結果、農家と契約栽培をして産直で中間マージンを節約しても野菜や果物は単価が小さいのでそんなにもうかる商売ではありません。 契約栽培を大規模に行い、会員制宅配事業として成功している2社はNTTドコモ、リクルートなどが出資していて事業の将来性は世間も着目しているようです。 そこにゲリラ的に割り込む八百屋もないわけではないですがハードルは高く、利益は小さく、なおかつ不安定です。

田舎に暮らすアクティブシニアのシェアハウス構想からずいぶん風呂敷は広がりましたが、取りつく有望な島が今のところ見つかっていません。

コメントを残す

[生活]

捨てる

引っ越しを考えています。 今住んでいるマンションは広く家賃も高いので狭くて家賃の安いところに越したいと思っています。 50㎡以上80㎡以下、広いリビングと寝室一部屋が理想です。

私は広く何もないところでボヤっとしているか、狭くてごみごみしているところが落ち着きます。 できればどちらの空間も欲しいところです。 山の中の一軒家に暮らすなら一部屋の小さい家でも暮らせます。 都会の中心で暮らすなら少し広い空間のある部屋がほしくなります。 この気持ちはだれでも同じと思います。

今住んでいるマンションのリビングは広くソファーとテーブルがあるだけです。 TVも音響装置もありません。 普段いる部屋は狭く、自分の持っている書類、本、衣類のほとんどが詰まっています。 さらに最近エアロバイクがあり、狭い部屋の中で動くのは大変な状況です。 PCやCD playerも置いてあり、音楽を聴きながらエアロバイクを漕いだり、本や日本経済新聞を読んだりしています。

もともと持っているものは少なく、服もあまり持っていません。 引っ越しするならさらに物を減らそうと考えています。 シーズンに一度も着なかった服、気に入らない服、読まない本、何かの記念においているものなどです。

例えば手帳、私は年1冊のB5判手帳を使いますがほぼ全ページにびっしり書き込まれています。 書くことに重きを置いていて書かれた記録を保存しておく意味は薄いです。 これが20年分20冊ほどありますが毎日記入に1時間程度使うので20年で7千時間分の記録、何の役にも立たないものの捨てるに忍びないです。

張り切って買った高額のスーツ、傷んでは困るとあまり着ないうちに流行遅れになったもの、イケアで買った事務机、天板を伸ばす事が出来る優れもの、リビングのテーブルで代用できるので気に入っていても廃棄となります。

自分が書いたもの、書籍、家具、衣服、それぞれ廃棄上の優先順位があり、着なくなったスーツとある年に使った手帳、どちらが廃棄優先が高いか悩みます。 いつも質の違うものを比べて悩み廃棄に手間取ります。 最後は思い切っているだろう物も捨ててしまい、あまり後悔していません。

捨てるくらいなら買わないでおこうと思いますが、買い物は楽しくつい買ってしまいます。 すべての必要な物を買う事が出来なければ自分で作るより仕方なく、机が必要なら机を作ることになります。 その机が生活の変化で不都合になったとしても自分で苦労して作ったものなら捨てずに置いておくでしょう。 物の価値は費やした対価で決まり、それが労働(自分で汗をかいて作ったもの)なら対価は実感できて、単にお金を払っただけなら対価の実感は薄くなります。 収入が大きくなれば対価の実感はどんどん薄くなるでしょう。 今住んでいるマンションは高収入の人が多く、ゴミ捨て場はまだ使えそうなものがたくさん捨てられており、そもそもごみの量が多いです。

もし収入が大きく減少すれば物を大事にしてゴミは少なくなるでしょう。

多くの物に囲まれて生活することが豊かさを感じる人がいます。 想像ですがゴミ屋敷に住む高齢者は普通の人から見ればごみに囲まれていて安心し、豊かさを感じるのではないでしょうか? その高齢者は預金通帳に使えきれない残高があってもワンルームマンションで生活に最低限の物しかない生活を豊かと感じないでしょう。

いつもながら話が脱線しましたが、偉そうに言って私自身引っ越しのために物を捨てる事が出来るかどうかは単なる思い切りではなく価値観の大きな変化がなければ物を捨てるたびに痛みを感じなければならず、それを避けてバランスを崩せば認知症になったときにゴミ屋敷化してしまいます。

コメントを残す

[生活]

自由

自由になることを考えた時に何が自分を束縛しているのか、一つずつ考えてゆきました。 家族は皆自立しているので家族からは今のところ自由でいられます。

持っている資産で手のかかるものは管理会社に任せています。 人間関係は大変少ないです。 持っている家財も少なく、書類の類は順次捨てています。

そもそも真の自由になるのは気持ちも自由、憎しみを抱いていれば意識が偏ります。 気になる人がいればその人の事を思ってしまいます。

なぜ完全な自由を求めるかと言えば、会社を辞めた後辺鄙なところで暮らしてみようと思ったからです。 大阪に生まれ育って大阪以外で暮らしたことがなく、しかも中心部に住んでいてコンビニもない辺鄙なところに住めるのかと不安はいっぱいです。 何をして暮らすのか、当面は農業、地元に溶け込めるのか、なるべく溶け込みやすいところを選びます。 辺鄙なところは非常に排他的であったりします。

無責任な話ですが、排他的なところで馴染む事が出来たらより濃く地元に溶け込めるのではと考えたりしますが、実績がないので何とも言えません。 この年であえて冒険を考えるのは昔から田舎暮らしへのあこがれがあったからです。 山登りをやっていた時、上りだすところは辺鄙な村で、村の人との少なからず関係がありました。

最近ではオートバイのツーリングが趣味で辺鄙なところに行きますが、地元の人に話しかけられたりします。 辺鄙なところには住んでいる人が少ないだけでなく、ガソリンスタンドや食事をするところも大変少ないです。 住んでみると不便で退屈、お金を稼ぐことのできる仕事があれば多くの時間を仕事に費やしますし、趣味に没頭できる可能性もあります。 最も今は辺鄙な土地でやる趣味をもっていませんが。

しかし、住んでみたくなる美しい場所は多くあり、私と同じような自然の中で暮らしたい人が寄り添う事が出来たら力を合わせていろいろな事が出来ると思い、ワクワクします。

コメントを残す

...10...1819202122...304050...

上に戻る